8月中旬

8月にやることのメモ。

・レトリスムとルーマニア。またイズーを中心に、モーリス・ルメートルらへの影響をまとめること。

・フォンダーヌと1920年代パリについて。

・インテグラルを読む。

・イラリエ・ヴォロンカを読む。ヴローネルとの交流から、1930年代頭まで。

・フロベニウスを読む。

・シュペングラーを読む。

・黒人詩、黒人芸術への眼差し。特に、1920年代に重要なイベントがあったことを強調すること。

・シオラン、エリアーデラインとの断絶について、できれば触りたい。その原因含めて。

・ボードレール、approximait beaucoup について

Oeuvres Ouvertes : Charles Baudelaire | Il y avait dans Eugène Delacroix beaucoup du sauvage

所感:資料集めが大変そうである。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中