20世紀ルーマニアと(前衛)雑誌『75 HP』

『75 HP』についてのメモ。ブローネルはともかく、ヴォロンカ、ステファン・ロールらと、ブルトンたちシュルレアリストらの間にはどのような関係が構築されていたのだろうか。

雑誌は、グループの三つの他の出版について告知している。それらのタイトルは番号を参照している、それは、雑誌のタイトルが同様に証言している「数字的感覚(sensibilité numérique)」なのである。以下のものが重要だ。:Tx 843 (Tzxi 843), 150ページのヴォリューム、「ピクトポエジー」とヴィクトル・ブローネル、イラリエ・ヴォロンカの木版画と共に。;ゼロ、イラリエ・ヴォロンカ、ヴィクトル・ブローネル、ステファン・ロール(Stephan Roll)、ミグエル・ドンヴィルの集合的韻文のヴォリューム。;、アヴァンギャルドの雑誌、ヴィクトル・ブローネルによる編集。これらのどの雑誌も日の目を見ることはないだろう。無限の記号についていえば、それが仄めかすあらゆる象徴的記号とともに、その記号は幾年かあとになってヴィクトル・ブローネルの作品に、同じ署名を伴って、再び表れることになるだろう。

バンジャマン・フォンダーヌについての覚書

再びバンジャマン・フォンダーヌについて調べなければならないと感じている……。とはいえ、フォンダーヌは放浪する「ユダヤ」ないし「ユリシーズ」という印象が強いので、そこをどう脱臼させるかがポイントかと。 “バンジャマン・フォンダーヌについての覚書”の続きを読む